ディズニーランド「カリブの海賊」花嫁売買シーンが削除について

ディズニーランド「カリブの海賊」花嫁売買シーンが削除について

 

 

 カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドにある人気アトラクション「カリブの海賊」から、“花嫁オークション”シーンが削除される。

 「オークション - 娘を買って花嫁に」という横断幕が掲げられ、赤毛の女性や村の娘たちがロープでつながれ、海賊を相手にしたオークションにかけられているさまを描写した同シーン。50年にわたって人気アトラクションの一部だったが、近年女性に対する性差別だとして批判の声が高まっていた。

 米ディズニーランド・リゾートの広報スージー・ブラウン氏によると、カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドで2018年までに同シーンを変更するほか、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドおよびフランスのディズニーランド・パリにある「カリブの海賊」でも同じ措置をする予定とのこと。「われわれは今こそ、このシーンについてページをめくり、新しいストーリーにするのに相応しい時だと思います」とコメントしている。

 今回の変更によって“花嫁オークション”は“戦利品オークション”となる。米ウォルト・ディズニーイマジニアリングの上級副社長キャシー・マンガム氏は「われわれのチームは、このシーンについてどうアップデートすることがベストなのか、長年にわたって一生懸命考えてきました。赤毛の女性はファンのお気に入りなので、彼女をそのままストーリーの中心に据えたいと考え、われわれは彼女を海賊にすることにしました! これはもともとのアトラクションが持つビジョンにも違わないと思います」と声明を発表。変化や変更は、ディズニーランドにおける伝統だとしている。

 その言葉通り「カリブの海賊」のアトラクションにおける変更は今回が初めてではなく、同じく“性差別的”だとされた、海賊が村の女性たちを延々と輪をかいて追い回すシーンでは、女性に食事のトレーをもたせ、海賊は“単におなかが減っているから”彼女たちを追い回している(うち一人は逆に海賊を追い回している)……というシーンに変えられていた。そのほか2006年には『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの人気キャラクター、ジャック・スパロウなどが追加されていた。

 

twitterでの反応


変更に対する否定的意見


変更に対する肯定的意見

 

 

 

 

まとめ

 

変更否定派はクレームに対応して事実を歪曲することに疑問を持つ

変更肯定派はアトラクションなので歴史通りにしなくてもいい

 
自分の意見

 

私は子供のころに見たカリブの海賊は他のアトラクションと違い ダークな部分があり惹かれた。ダークな部分って惹かれ魅力的に見えるものだ。それがクレームがついたから変更してしまうのは悲しい気はする。しかし、これは最近の話ではなく昔からあることだ。昔の童話「白雪姫」「シンデレラ」などは初版は非道で悲惨だ。なので仕方ない部分もあるのかもしれない。